FAQ

講演・出講・出演等でのよくあるご質問に沿った規約(弊社との契約および弊社理事長の戸村智憲の個人オフィス(個人事業)との契約でも同様)2021年3月25日現在

Q: 出演・出講などでのギャラ・交通・宿泊・移動に条件はありますか?

A: 基本的には下記をご参照下さいませ。公益性がきわめて高い事案などはご予算に合わせて柔軟に対応致します。

【担当】
・戸村智憲の場合、下記の通りでございます。その他の場合は、都度、ご相談下さいませ。

【ギャラ(出演料・出講料など)】
・内容・難易度・ご状況(公益性が極めて高い事案や社会貢献活動などか否かなど含む)により異なります。
・目安として、ご参考までに下記の過去の承り例をご参照下さいませ。
 例①上場大手主催の基調講演: 1時間~1時間30分程度で1回あたり手取り60万円~80万円程度。
 例②企業内の役員研修: 1時間~2時間程度で1回あたり手取り40万円~60万円程度。
 例③商工会議所・商工会・自治体・公務関連など: ボランティア的になるべく規定ご予算内でご相談。
 例④震災復興支援・人権救済の緊急対応: 戸村が私費を投じてご支援にお伺いするケースが多々。
 など。
・ご予算につきお知らせ頂き、まずはご相談下さいませ。

【同行者有無】
・基本的には戸村智憲が1名のみでお伺いたします。
・状況などにより、撮影クルーや同時通訳なども含め、スタッフが必要な際に同行・費用ご負担頂くケースはあり得ます。

【交通移動について】
・JR等ではグランクラスまたはグリーン車での移動指定。
・飛行機では可能な限りANA便でのプレミアムクラス指定。(路線の都合でANA就航便がない場合はJAL等のファーストクラスまたはクラスJ指定)
・基本的に徒歩7分以上の場合はハイヤーまたはタクシー移動指定。
・スケジュールや現地交通事情などの各種状況などにより、戸村自らが自動車移動するケースもございます。
・海外の場合は、LCCではないフルサービスの航空会社で、ビジネスクラス以上指定です。

※ご予算・ご事情に応じて、公益性の高いご主催者さまなどでは、指定普通席や出張パックでも対応可能ですし、まとまった回数のご依頼でしたらご予算に合わせた調整も検討可能なケースもございます。都度お問合せ・ご相談下さいませ。

※震災復興支援などの特例的なケースでは、現地の交通事情や渋滞回避・貴重なホテル客室の復興者各位への確保などを勘案し、高速バスで移動・車中泊などで復興支援の支障とならないようにするケースもございました。

【交通宿泊移動などの手配】
・基本的には当方にて手配し実費ご清算。
・ホテルランク: 国内外とも、基本的に、戸村が会員でもある帝国ホテルなどラグジュアリークラス指定です。
・地域により、そもそもホテルランクが選べない場合などは、適宜、ご相談に応じて柔軟に調整の上で対応・検討致します。

【リスク対策】
・会場へお伺いの場合は、東京都内を含む交通上の支障で出演の穴をあけないようにするため、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県以外のお伺いでは、双方で調整可能な限りは前泊ありでお願いしております。
・懇親会などで夜までお付き合いの場合は、双方可能な場合において、後泊での対応も状況により可能ですので
ご相談下さいませ。(スケジュールによりやむなく日帰り対応となる場合は、悪しからずご了承下さいませ。)

【事前お打合せ】
・DX推進・生き方働き方改革・業務効率化の観点から、当日の拘束時間外の事前お打合せについて、これまで厚意で無償対応しておりましたが、下記のご請求費用を頂戴することと致しました。
・双方無理なくスケジュール調整ができる場合で、オンラインミーティング(ZOOM、Google Meet)またはお電話での30分~1時間程度の事前お打合せでしたら、追加料金なく対応致します。
・現地にお伺いや対面でのお打合せご希望の際は、かんたんなお打合せ1時間単位で1時間あたり手取り10万円(諸税別・交通費や会場費なども別)で承ります。(プレゼンテーションやその他の準備が必要なお打合せなどに関しましては、別途お見積り致しますのでお問合せ下さい)

【弊社としての法人うけでの対応 or 戸村智憲の個人オフィスうけでの対応】
・いずれも準委任契約で本ページ内容と同様の条件です。
・弊社の顧問税理士などの指導に沿って、基本的に、メディア出演・講演・執筆などの弊社理事長の戸村智憲へのご依頼は、戸村智憲の個人オフィス(個人事業)うけでの対応(マイナンバー処理・源泉徴収・消費税・支払調書などが必要)がベースですが、状況により弊社の法人うけでの対応も可能です。
・社外取締役・社外監査役・第三者意見・第三者委員・監査委員・監査専門委員などでは、法人うけの場合もあれば、法令上、戸村智憲(個人オフィス)との契約や戸村智憲(個人)との契約となる場合がございます。
・経営指導・アドバイザリーサービス・いわゆるコンサルティングなどに関しては、弊社法人うけでの対応となります。
・その他、契約形態でお悩みでしたら、事前にその旨お問合せ・ご相談下さい。

【著作権等の侵害に関する賠償規定】
・弊社や弊社理事長の戸村智憲の法人または個人の持つ著作権等(商標権等の経営上でより高額となり得るものは別途個別に対応)につき、著作権等の侵害を行った方には、下記の賠償額をお支払い頂きますので、予め委託先やご聴講者さまへの周知なども含め、厳重にご対応下さい。
・当該賠償請求最低基本額: 基本請求金300万円+金3万円x数量(侵害部数・再生数・閲覧数など)を請求致します。(違法実態や司法手続き等によりこれ以上の損害賠償請求となり得る場合がございます。)
・当該賠償請求額については、公開セミナーで1名様あたり3万円~5万円程度のご参加費となることが少なくないことや、そもそも、当方の貴重な著作権の譲渡やライセンス利用を低額・安易には行っていない状況であり、実際に著作権譲渡等の際にとる請求形態のひとつとして、基本請求金としてベース金額を設定し、侵害数量を従量制として付加するものとしております。
・著作権等の利用許諾等については、必ず事前に当方に書面(電磁的書面・電子メール含む)にてご相談頂き、口頭ではなく当該書面での利用許諾等を得ることが当方が求める鉄則です。

本規約は予告なく当ウェブサイト上にて変更する場合がございますので、必ず最新の規約等をご確認下さいませ。

Q: 自治体・官公庁・公務のため予算がなかなか取れないですが大丈夫でしょうか?

A: はい、大丈夫です。基本的に、公益性の高い事案・災害復興支援など社会貢献度の高い事案などでは、ご相談頂けましたら、規定のご予算内で対応できるよう善処しております。

Q: 登壇時に主催者側で準備しておくようなものはありますか?

A: 状況によりますが、一般的には下記のご準備をお願いしております。

【現地会場での開催時にご主催者さまでご準備頂きたい機材等について】

・ノートPC(Windows, PDFファイル利用可能なもの)または同様のタブレット等(自分でPC等の操作を致します)
・PCプロジェクタ、スクリーン
・ホワイトボード、マーカー(講演やメディア出演以外で、セミナーや研修の場合のみ必要)
・演台(なければ普通の机でもノートPC等を置いて操作できれば大丈夫です)
・マイク(あれば2本:1本はメイン使用・1本は万が一の際のバックアップ用)
・印刷配布資料(基本的に投影データと同じもの)のご印刷とご参加者さま部数の配布(データでの配布・回覧や資料類の販売・転載等は知財保護のためお控え頂けますようお願い申し上げます)
・有事対応やペーパーレス対応や主催者さまにて各受講者さま用のタブレット端末を用いた運営の場合は、必ず事前に対応可否やデータの管理方法などご相談頂き、当方の許諾の範囲内でのみのご活用と知財保護のご対応・周知等をお願い致します。
・視覚障がい者さま・聴覚障がい者さま・進行中に祈祷時間が必要な場合など、講義進行や 配布物等で配慮が必要な方がいらっしゃる際は、予めお早目にご相談下さい。なるべく柔軟に対応できるよう善処致します。
・投影と印刷配布のデータはPDFファイルにてメール添付で通常は開催の1週間前ごろにお届け予定でございます。(有事のオンライン開催の場合は、通常、ペーパーレス対応でPDFファイルをご受講者さまにデータで配布頂く形で、開催2~3日前のお届けとしております)
・印刷形態は白黒でも2アップなどでも、ご都合の良い印刷形態でご対応下さいませ。
・録音・録画・撮影などがご入り用の際は、その旨、事前にご相談下さいませ。基本的には万が一のうっかり漏えいなどを避けるためNGとしておりますが、広報誌作成の撮影や多会場での中継講演など、ご事情等に応じて検討・調整致します。(多会場・他会場の中継講演は、通常、追加料金が必要です)
・その他何か特別な演出がある際はその演出に必要な機材(通常は特にございませんが、主催者さまご要望などに沿って対応の際にご相談にて調整)

※災害時や感染症の災禍などでの有事対応としましては、オンライン開催の場合は、特段の追加料金なく中継・配信等に対応するようにしております。

Q: 講演やセミナーや研修で配布されたレジュメ資料やデータを社内で共有してもいいですか?

A: いいえ、セミナー等での配布資料は、知的財産権の譲渡や販売を意味しているわけではありません。

よくセミナーなどでも受講レポートを社内で提出・共有する必要がある、といったご相談を受けることがございます。

ご受講レポートは、知的財産権・著作権などにおける適法な引用の範囲を超えて、データ・紙面でも社内共有(イントラネット上への掲載なども含む)することは、違法行為にあたり民事・刑事での司法手続きを取らざるを得なくなり、不毛な紛争がそもそも起こりにくいよう、厳にお控え下さいませ。

ご受講レポートご作成にあたっては、セミナーなどでご受講なさった方が、ご自身の言葉で学んで頂いた内容を社内でご共有頂くのが本来の意義かと思われます。

どうしても配布資料などの社内共有などで、知的財産権のあるものの利用ライセンスをご購入なさりたい場合は、必ず事前に当方にご連絡・詳細なご相談を頂きました上で、必ず事前に書面またはメールなど記録に残る形での許諾が必要です(その場合も、例外なく、無制限に知的財産権すべてを販売・譲渡するものではありませんし、ライセンス利用時に利用者全員に知的財産権保護などについて利用条件や個人・法人にかかる法的責任について、必ず事前に周知徹底をお願い致します)。

Q: 契約形態やキャンセル料はどうなっていますか?

A: 弊社および弊社理事長の戸村智憲の個人へのご依頼ともに、契約形態やキャンセル料は下記ご参照下さいませ。

【各種契約形態】
・特別なご事情があり双方合意の上で契約書面や案件のやりとりで明記がない限り、すべて準委任契約です。

【キャンセル料】

・特に双方での明示などがない場合なども含め、出演や出講などの予定日を含めて予定日から下記期間ごとに、下記のキャンセル料を当方指定の銀行口座に振込み手数料をご依頼者さまご負担でキャンセル料としてお支払い下さい。

・上記に加え、消費税や手配済み交通宿泊費用などの各種経費の実費(キャンセル可能な場合はかかったキャンセル料実費)を含め、キャンセル料に加えてお支払い下さい。

・キャンセル料について、別途、双方合意のもとで交わしたキャンセル料規定がある場合は、当該規定が優先されます。

出演や出講などの予定日を含み予定日から:

・30日前までのキャンセル: キャンセル料として出演・出講などのご依頼額の100%

・31日前から45日前までのキャンセル: キャンセル料として出演・出講などのご依頼額の70%

・46日前から55日前までのキャンセル: キャンセル料として出演・出講などのご依頼額の50%

・56日前から70日前までのキャンセル: キャンセル料として出演・出講などのご依頼額の30%

・71日前から90日前までのキャンセル: キャンセル料として出演・出講などのご依頼額の10%

上記につきご同意頂けます場合のみ、ご依頼を承りますので悪しからずご了承下さいませ。

※激甚災害時や感染症の世界的流行時(パンデミック)などの特殊な状況においては、キャンセル料のご請求を差し控えるケースなど、ご事情がございます際は不毛な紛争に発展する前に、お早めに正直に正確に正式なご連絡・ご相談を頂ければ幸いです。

Q: イベントなどの開催案内状やリーフレット掲載用のプロフィール・写真をご用意頂けますか?

A: はい、特に込み入った対応が必要でなければ、無理ない範囲で当方にてご提供可能です。

写真については、JPEGファイルにて出演者の写真をご依頼の内容において合理的に利用が適法・妥当な範囲で貸与・利用許可致します。

プロフィールにつきましては、文字数・行数をご教示頂くか、MS-PowerPointファイルやMS-Wordファイルなどを頂ければ、必要箇所に記入の上、メール添付にてご返送も可能です。

ご入用の際は、事前にお早めにご相談下さい。