(3) 防災・リスク管理関連

戸村智憲の基調講演・各種講演・研修など演題一例ピックアップ


ご依頼フォーム


※最新動向や社会状況などに応じて、より良いものをお届けできるようにする上でも、各講演内容などは適宜予告なく改訂・修正・変更などを行う可能性がございます。


【3-1 「VUCA時代の防災/減災・BCP・リスク管理・危機管理・危機管理型DX」】

・いつ何が起きてもおかしくないVUCA時代に「同時多発リスク想定」で備える重要性
・安全と安心/備蓄と買い占めの違いと日々の備え
・講師が実践している日々の備えと対応
・BCPの3原則に沿ったリスク管理・危機管理の要諦と臨場感ある訓練による″臨機応変力”の養成
・危機管理型DX((C)戸村智憲)で平時の効率性・コスト優位と有事の事業継続性の確保
・“備えて空振り”が最上策・“備えていて助かった”が次善策・最悪は″備えておけば助かったのに”
・世界初で講師が提唱の“防災ダイバーシティ”でレジリエンス向上とスムーズな共助・復興を進める
など
【3-2 「危機管理広報・謝罪会見の戦略的な備えと危機対応」】

・危機管理広報は平時からの備えと有事の臨機応変力・多様性の配慮と相互の多様化がカギ
・謝罪会見の失敗事例と成功/逆転のポイント: “記者会見兵法”で見据える修羅場に開く血路
・入り混じる法令/感情/世論と立場/本音/建て前: 有事にこそその企業・人の深層/真相が浮き彫りになる
・ちょっとした言葉に潜むワナ: 人権意識・社会通念・差別語/不快語などの留意点
・3つの鉄則とその効果: ①早期発見・②早期是正・③隠さず積極的に公開(ディスクローズ)
・″意地悪記者トレーニング”: あなたの一言はどう批判的な記事になるのか?
・映像・音声・文面で十字砲火を受けて立つための戦略的なバーバル/ノンバーバル・コミュニケーション術
など
【3-3 「非軍事の民間組織におけるテロ対策と日々の備え」】

・何をテロと呼ぶかの問題と意外に身近に迫るテロとその対策
・なぜショッピングモールや映画館や各種商業施設などのソフトターゲットが狙われるのか?
・ムスリム(イスラム教徒)の方々への誤解や日本人によるテロなどの実態を把握する
・大がかりな対応より身近な意識変革と心がけ: 講師のテロ対策の常用例のご紹介や各種事例にみる要点
・地震で机の下に隠れる習慣はあれど銃声・爆発音などで身を伏せる回避行動に脆弱な日本社会の問題
・講師の実演テロ対策: 誰でもできる対応とトレーニングが必要な対応の例
・テロ対策だけでなくいつでも人を救えるためのCPRや止血などのポイント
など

【3-4 多難な時代の「危機管理・レジリエンス」】

1.危機管理・レジリエンス対策の体系的理解
 ①混同されやすい「安心」と「安全」、 「リスク管理」と「危機管理」について
 ②危機管理・レジリエンス強化の「3つの原則」とよくある誤解を解くレジリエンスの大前提
 ③危機管理・レジリエンスは意思次第: 「何をどこまでどうするか」の策定法
 ④講師として実践している危機やテロ対策(非軍事)への備え: 専門家を指導するプロの日々の実践例
 ⑤防災/減災・レジリエンス・危機管理などにおける企業が新たに求められる対応
 ⑥「防災ダイバーシティ」((C)戸村智憲)としての有事に求められる留意点 など
 <演習>(個人ワーク5分+グループ討議15分+発表・講師フィードバック5分)
  ・実際にやってみる身近なリスク分析: 重点的なリスクに重点的に対応

2.職場での不祥事・事故・業務ミスなどの危機管理の基本知識と心得
 ①そもそもミスを起こしにくいようにするための「3文字の原則」
 ②「不正認識欠如型の不正」((C)戸村智憲)でのハラスメントの問題と部下の指導方法の留意点
 ③危機管理に備える漢字「7文字の原則」といざという時の「8文字の原則」
 ④SNSコンプライアンス((C)戸村智憲): ソーシャルメディア利活用での不祥事対策
 ⑤情報セキュリティ対策で日常的に取り組む身近な「7つのレジリエンス対応」
 ⑥DX推進・デジタル化などでの改正個人情報保護法と4つの安全管理措置はやわかり解説 など
 <演習>(個人ワーク5分+グループ討議15分+発表・講師フィードバック5分)
  ・身近に起こりそうな業務ミス・不祥事・事故の抽出と明日からできる対策の検討

3.危機における初期対応・マスコミ対応のポイント
 ①危機発生時における初期対応: (1)不祥事/業務ミス編・(2)事故編・(3)災害編
 ②有事のレジリエンスの成否は平時からの備え・実践訓練の工夫・当事者意識にあり
 ③危機におけるマスコミ対応: 危機時に備えたマスコミの正しい理解と良き情報発信のポイント
 ④もしもあなたが公道での取材や記者会見で質問を受けたらどうすればいいか?
 ⑤危機管理広報(謝罪会見・危機時の取材対応)の失敗例と「記者会見兵法」((C)戸村智憲)での工夫と対策
 ⑥改正公益通報者保護法におけるメディア機関への通報(告発)の留意点 など
 <演習>(個人ワーク5分+講師との実践演習15分+発表・講師補足解説5分)
  ・「意地悪記者トレーニング」 テレビに出る側・制作する側の両方に立つ講師が扮する「やっかいな記者」への対応を通じて、 あなたのどんな反応がどんな記事やニュースとして報じられるかを知るための簡易な双方向トレーニング

※その他の本分野に関する講演・研修も多数ございます。


その他の講演(過去の用途別参考例)


ご依頼フォーム


戸村プロフィール資料


オンライン対応について


よくあるご質問