(3) 防災・リスク管理関連

戸村智憲の基調講演・各種講演・研修など演題一例ピックアップ


ご依頼フォーム


※最新動向や社会状況などに応じて、より良いものをお届けできるようにする上でも、各講演内容などは適宜予告なく改訂・修正・変更などを行う可能性がございます。


【3-1 「VUCA時代の防災/減災・BCP・リスク管理・危機管理・危機管理型DX」】

・いつ何が起きてもおかしくないVUCA時代に「同時多発リスク想定」で備える重要性
・安全と安心/備蓄と買い占めの違いと日々の備え
・講師が実践している日々の備えと対応
・BCPの3原則に沿ったリスク管理・危機管理の要諦と臨場感ある訓練による″臨機応変力”の養成
・危機管理型DX((C)戸村智憲)で平時の効率性・コスト優位と有事の事業継続性の確保
・“備えて空振り”が最上策・“備えていて助かった”が次善策・最悪は″備えておけば助かったのに”
・世界初で講師が提唱の“防災ダイバーシティ”でレジリエンス向上とスムーズな共助・復興を進める
など
【3-2 「危機管理広報・謝罪会見の戦略的な備えと危機対応」】

・危機管理広報は平時からの備えと有事の臨機応変力・多様性の配慮と相互の多様化がカギ
・謝罪会見の失敗事例と成功/逆転のポイント: “記者会見兵法”で見据える修羅場に開く血路
・入り混じる法令/感情/世論と立場/本音/建て前: 有事にこそその企業・人の深層/真相が浮き彫りになる
・ちょっとした言葉に潜むワナ: 人権意識・社会通念・差別語/不快語などの留意点
・3つの鉄則とその効果: ①早期発見・②早期是正・③隠さず積極的に公開(ディスクローズ)
・″意地悪記者トレーニング”: あなたの一言はどう批判的な記事になるのか?
・映像・音声・文面で十字砲火を受けて立つための戦略的なバーバル/ノンバーバル・コミュニケーション術
など
【3-3 「非軍事の民間組織におけるテロ対策と日々の備え」】

・何をテロと呼ぶかの問題と意外に身近に迫るテロとその対策
・なぜショッピングモールや映画館や各種商業施設などのソフトターゲットが狙われるのか?
・ムスリム(イスラム教徒)の方々への誤解や日本人によるテロなどの実態を把握する
・大がかりな対応より身近な意識変革と心がけ: 講師のテロ対策の常用例のご紹介や各種事例にみる要点
・地震で机の下に隠れる習慣はあれど銃声・爆発音などで身を伏せる回避行動に脆弱な日本社会の問題
・講師の実演テロ対策: 誰でもできる対応とトレーニングが必要な対応の例
・テロ対策だけでなくいつでも人を救えるためのCPRや止血などのポイント
など

※その他の本分野に関する講演・研修も多数ございます。


その他の講演(過去の用途別参考例)


ご依頼フォーム


戸村プロフィール資料


オンライン対応について


よくあるご質問