時節のご挨拶

夏へ向けての足音を感じつつ・・・

 この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の災禍をはじめ、台風/豪雨災害・各種震災など各地の災害等で、国籍等に関わらず感染・被災された方々と復興者の皆様・世界各地の医療機関関係各位ならびに各種関係各位のご安全と1日も早い実りあるご快癒・復旧復興と共に、ご無念ながらに天上に召されました尊い御霊・御仏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 季節が移ろい夏の足音が感じられるこのごろ。依然としてコロナ渦中で感染症対策の強化や自粛対応など、指導者として自ら実践し続けております。

 目先の利を追うことなく、指導先の方・ご受講者様・地域社会の方々に対し、感染する・させるリスクや、無症状で媒介する・させるリスクなど、生命のリスクや医療機関さまに不用意にご負担をおかけすることのないよう、フルオンライン・フルリモートの対応を原則として継続しております。

 「直接会場でお話しをお聞きしたい」「直接会いたい」との熱望とご依頼には、心より厚く感謝・御礼申し上げる一方で、世界人権宣言を源流に持つSDGs・ESG・女性活躍推進などをテーマにしたもので、オンライン研修でありながら、あるいは、フルオンライン対応ができる状態にありながら、講師もご受講者様も会場で集まって開催・一部オンライン配信するご依頼などに多々直面し受諾を差し控え続けております。

 その上場企業さまのDX対応の致命的な遅れや特に欧米の機関投資家さまからのサプライチェーンや事業上の人権リスクへの追及など、苦境に立たされるのではないかと若輩者の老婆心から危惧することもしばしばです。(まるで「マスク着用を拒絶する経営」のようで心配です)

 自粛警察のように社会的な善や人権をかさに他者の人権侵害や法令を超えた強制的対応は、行おうとする内容は仮によかったとしてもその行い方が問題でしょうし、逆に、自由を義務抜きに論じて社会的な善や人権を侵害する言動も問題でしょう。

 弊社としましては、中立的・客観的な立場からSDGs・ESG、そして、それらの源流となっている世界人権宣言などの観点から、善意の暴走もないよう、また、お金が儲かるなら人命リスクを軽視するような横暴な対応もないよう、大切なことを大切に行い・伝え続けていけるよう、コツコツと取組んで参りますので、ご理解ご協力のほど何卒よろしくご賢察賜りますようお願い申し上げます。

2021年5月1日

日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村 智憲